道庁ロゴ

始める、支える、プロになる 介護のしごと

北海道保健福祉の
マスコットキャラクター
「うっさん」

MENU

かいごのしごととは
(こどものみなさんへ)

北海道の介護の現状

北海道でも人口の
高齢化が進んでいます

私たちがくらす北海道は、高齢者の人数が増加しています。
このまま進むと2040年には北海道の人口2.5人に1人が65歳以上の高齢者になると予想されています。

介護を必要とする人も
今後増えていきます

高齢者の人数が増えることで、介護を必要とする人も増えると予想されています。
北海道で介護を必要とする人の数は2025年には約38万人、2040年には約46万人になると推測されています。
このことから、これからますます高齢者を支える介護のしごとは必要になります。

現代社会に欠かせない職業
「介護のしごと」

主なしごと

介護のしごとは、病気や障がいによって毎日の生活が不自由になった人の
サポートをするプロフェッショナルです。

食事の介助

家事の援助

排せつの援助

着替えの介助

入浴の介助

レクリエーション

相談

介護が必要な人ひとりひとりと向き合い、それぞれの人にさいてきな手助けをするほか、ゲームやうた、きせつのぎょうじなどのレクリエーションを考えて実行したり、さらにご家族の相談にのったりするなど、しごとの内容ははば広く、それだけにせきにんもやりがいもあるしごとです。

動画でわかる! 介護のしごと

福祉の授業
やりませんか?