道庁ロゴ

始める、支える、プロになる 介護のしごと

北海道保健福祉の
マスコットキャラクター
「うっさん」

MENU

介護のしごと
インタビュー

いろんなお話をしたり、
指導を喜んでもらえた時、
仕事のやりがいを感じます!

トレリハセンターていね
生活相談員・介護職員

清野 さん

入職

2015年

取得資格

介護福祉士/健康運動指導士

先輩のアドバイスをきっかけに
介護の仕事を楽しくやろうと決心
介護の仕事を目指したきっかけを教えてください。

もともとは介護の仕事をしようと思っていたわけではなくて、当初は大学のスポーツ教育学部で学び、保健体育の教師を目指していました。トレーナー部という部活に入り、スポーツ選手のカラダのケアやリハビリに携わるうちに、運動指導やスポーツに関わる仕事に就きたいと思い、教職のコースからスポーツトレーナー系のコースに変更したんですね。部活の教授に、介護事業とアスリートケアの事業を行っている今の会社を紹介していただき、2015年に入職しました。

入職した当初はどんな仕事をしていましたか?

当初はデイサービスとトレーニングジムを掛け持ちし、健康運動指導士として働いていましたが、デイサービス2店舗の移転・統合を機に、デイサービス事業に専念するようになったことで、先輩の介護職員と関わることが増え、介護の仕事に魅力を感じるようになりました。

先輩の影響で、介護の仕事が魅力的に?

店舗の統合に伴い、入浴介助をしなければいけない状況となりましたが、私は介護の勉強をしてきたわけではなく、やり方も分からなかったので、正直困惑していました。でも、指導してくれた先輩の職員は、仕事を明るくポジティブに考える方で、「利用者さんが負担にならないようなやり方はもちろんだけど、あまり難しく考えずに、自分も楽にやったらいいよ」と教えてくださり、「あ、それでいいんだ」と考え方は方向転換。介護福祉士の資格を取って、楽しくやろうと思うようになったのです。

仕事で大切にしていることは
「目配り・気配り・心配り」
現在の仕事内容を教えてください。

基本的には運動指導をメインに行っていますが、相談員という役割もあり、利用者さんからの相談対応やケアマネジャーさんとの日程調整、新規体験者の受け入れ調整、利用者さんのお家に出向いての契約、利用更新といった業務にも携わっています。

仕事のやりがいはどういうところに感じますか?

たくさんの利用者さんと接する機会があり、いろんな方とお話しするのが楽しいですし、やりがいを感じますね。また、利用者さんから困っていることを相談され、私の指導により「すごく良くなった」「痛みが減った」などの言葉をいただくと、やっぱりうれしいなと思います。

仕事でこだわっていること、大切にしていることは?

大学時代に運動トレーナーとして選手を見ていた立場から心がけ、今も大切にしていることがあり、それは「目配り・気配り・心配り」という考え方。細かいことまでしっかり目で見て見守り、利用者さんは人生の大先輩なのでちょっとしたことでも気配りを忘れずに、相談を受けた時には相手の方に寄り添う心配りをする。この3つは今も大事だと考え、仕事の基本にしています。

仕事を通じて学んだことはありますか?

先輩方を見て、介護現場での声のかけ方や話し方、身振り手振り、共感して話を傾聴することの大切さなどを学びましたし、利用者さんから学ぶこともたくさんありました。また、仕事は現場ばかりではなく、パソコンを使った事務仕事もあり、要領よく仕事を進める方法などを先輩からアドバイスされながら学んでいます。

ライブに行く楽しみを糧に
仕事を頑張って生きていく
プライベートの過ごし方を教えてください。

友人と出かけてカフェに行ったり、SNSでおいしそうなお店を探して行ってみたり。家でのんびりテレビを見たり、ゴロゴロするのも好きですね。コロナ禍になって少なくはなったけど、旅行やライブに行くのも大好きで、札幌での公演はもちろん、東京やいろんな地方の公演にも行ってます。

どんなアーティストのライブが好き?

大好きなのは、関ジャニとなにわ男子。最近では、関ジャニの野外ライブが抽選で当たり、横浜の日産スタジアムへ行きました。ライブに行く楽しみを糧に生きているって感じです。

学生や介護職を目指している方、または迷っている方にアドバイスをお願いします。

これから介護職を目指す人にとって、環境によっては大変なこともたくさんあるとは思うんですけど、自分を見失わないのが一番かなって思います。仕事ばかりにならないとか、自分の楽しみがあればそれを糧に頑張れますし、何か悩みや辛いことがあったら、周りに相談すればいい。でも、周りに頼っても、ぶれないように自分のバランスを保っていくのが大事なのかなって思います。

※2022年8月取材

一覧へ戻る ►